横手の休日・・・トップへジャンプ
雪の雲取山・・・山頂避難小屋を見上げる

浅間山(前掛山)・・・強風!!山頂目前撤退_2014.03.23


前掛山目前で撤退・・・浅間山(左)~前掛山(右奥)先週の谷川岳がきっかけとなり山へのモチュベーションが高まってまいりました。昨日は高尾を20Km以上歩き少々脚は疲れておりますが良い天気ですので予てから行きたいと思っていた積雪期の浅間山(前掛山)を目指すことにします。

<ルートと実績>
浅間山荘登山口(8:02)⇒一の鳥居(8:35)⇒二の鳥居(8:55)⇒ロスト8分⇒火山館(9:57)⇒草すべり分岐(10:05)⇒Jバンド分岐(10:27)⇒昼食12分⇒前掛山分岐(11:55)⇒強風撤退開始(12:11)⇒火山館(13:20)⇒浅間山荘(14:38)
1)歩行時間:約6時間36分(休憩含む)
2)歩行距離:約13.6Km(eTrex30より)
3)累積プラス高度:約1150m(推定値・・・強風のためeTrex30の誤差大)
4)その他:単独
5)ルートマップ参照

今日は昨日の高尾に比べて暖かで視界は靄っていると思いましたがさほどでもなく、登山口の天狗温泉・浅間山荘Pからは八ヶ岳が展望できます。ここへは8時前に到着ですが既に10台程度停車しており私は殆どドン尻ですね。
登山口の鳥居を潜ると積雪ですが30分程歩いた一の鳥居手前でアイゼン(12本歯)を履きます。その先・・二の鳥居を越えてミズナラやカラマツなどの樹林帯を進むと、やがて迫力のある牙山やトーミの頭等が頭上迫り浅間山がお出ましになるとテンションが一気に高まります。中間地点の火山館(開業中)で一息ついたら火山館の裏手の斜面を登り湯の平口、、、 カラマツ樹林の先には第一外輪山が連なって見えますね・・・壮観です。
今日は弱風でしたが樹林帯を進むと時折強風が吹きぬけます。この先は強風ですね・・・Jバンド分岐付近で昼食を摂ったら分厚いインナーを着てピッケルに持ちかえて浅間山の山腹にアプローチ開始です。山頂付近を見上げると直登する登山者を5,6名確認、、下山してきた登山者は曰く「山頂付近は強風で必死だった」「強風なので直登の方が良いかも・・」とのこと。。。私も直登を考えましたが思った以上の強風で自重、、、夏ルートに戻り山腹を巻いて前掛山分岐まで何とか辿りつきます。
ここで一息ついたらシェルターを越えて前掛山へのリムに向かいますが風は更に増してバランスが保てません。凍った大地に刺したピッケルを握って姿勢を低くして耐えるだけで、とうとう前に進めなくなりました。後続者は撤退・・・400m程先に前掛山の山標が確認出来ますが已む無し・・・私も撤退です。
少々残念ですが・・・雪山1年生の私には上出来と自分に言い聞かせ、雄大な外輪山を眺めながら山腹を慎重に下って下山の途に着きました。
綺麗に除雪された天狗温泉・浅間山荘・・・駐車場は500円 一の鳥居・・・手前でアイゼン装着 凍てついた不動滝 二の鳥居
浅間山がお出まし・・・切れ落ちた狭い道(要注意) 鳥居のある火山館 湯ノ台口より連なる外輪山(トーミノ頭・黒斑山・・・)
樹林帯を越え浅間山を仰ぐ 直登する登山者が見える! 浅間山の山腹を巻くように登る 前掛分岐着・・・立ち入り禁止の浅間山を見上げる
シェルターと目指す前掛山 強風で前進できず・・・山頂が遠い!! 撤退!!・・・外輪山を眺めながら山腹を下る
トーミの頭と黒斑山(外輪山)@火山館 春近し!! 暖かい光とミズナラ樹林帯 無事下山・・浅間山を仰ぐ@佐久北IC付近