顔振峠・・・3ヶ月ぶりのザック

顔振峠を見上げる

3ヶ月ぶりにザックを背負って顔振峠へ(2020.04.03)。。

<ルートと実績>
吾野駅(8:53)⇒顔振峠(10:05)⇒見晴台(10:15-23)⇒顔振峠(10:29)⇒大峰山(11:10-11)⇒傘杉峠(11:22)⇒八徳の一本桜(11:49-51)⇒石地蔵(11:26-35)⇒吾野駅(13:10)
1)歩行時間:4時間17分(休憩含む)
2)歩行距離:約11.6Km(iPhone8より、沿面)
3)累積高度:約575m(iPhone8より)
4)カメラ:α7R4+FE24-105mmF4
5)その他:単独

坐骨神経痛は未だ回復しないが、桜咲く良い季節。。吾野駅より顔振峠へ登り、大峰山にてイワウチワを探し、八徳の大桜を眺めながら吾野駅に下りました。

吾野宿の街並みが残る
西武秩父線・吾野駅下車。吾野宿の街並み残る風景(写真上)を眺めながらゆっくりと顔振峠へ向かう。
長沢川と満開の桜の風景
R299を横断、長沢川沿いの集落に咲く満開の桜(写真上)・・何とも気持ち良い。生越長沢線を暫く進み、山道に入る。
振り返り・・・桜と奥武蔵の山々
折り返しながら暫く標高を稼ぎ風影林道(舗装道)を横断。視界が開けて顔振峠を見上げる。満開のサクラ大木を越えて振り返る(写真上)と奥武蔵盟主の武甲山。
ヤマザクラ@雨乞塚(顔振峠展望台)
駅より70分を要し顔振峠着。休むことなく展望台(雨乞塚)まで登りヤマザクラ(写真上)を眺めながら一息入れる。ここは北側の展望のみ開けるが、今日は霞んで上州の山々までは見えない・・残念。
満開の桜が青空に映える
峠まで戻って奥多摩・奥武蔵の山々を一望山名付き拡大)。満開の桜(写真上)を眺めグリーンラインを暫く西に歩く。
イワウチワ@大峰山手前
グリーンラインから大峰山へ向かう山道を選ぶ。確か・・この辺りにイワウチワが咲くという。探しながらゆっくりと山頂手前まで歩くと・・・山道際北斜面にイワウチワ10株ほど、、有りました(写真上)!
八徳の一本桜
大峰山を越えて傘杉峠で折り返して八徳入林道経由で吾野駅に下る。お目当ての八徳の一本桜が見てきた(写真上)
八徳の一本桜
八徳の一本桜
八徳の一本桜(写真上2枚)。

一本桜から下り始めた頃から、堪えてきた臀部の痛みが増して来た。何度も腰を屈めて痛みを和らげながら吾野駅に何とか辿り着く。
距離10Km、時間4時間が限界・・全快には程遠く、まだまだリハビリが必要の様だ。

*撮影した写真は、こちらから閲覧できます・・ここ
今回歩いたルート(gpx)を地図に描きました。

Download

カテゴリー: ウォーク&ハイク, 草花・花木 タグ: , , パーマリンク

2 Responses to 顔振峠・・・3ヶ月ぶりのザック

  1. ジキル のコメント:

    早く良くなるといいですね…写真きれいです。

  2. boss のコメント:

    ジキルさん
    コメントありがとうございます。
    何とか、回復して。。例年のように・・お山へ登って綺麗な景色やお花の写真と撮りたいと思いますm(_ _)m

コメントは停止中です。