牛ノ寝通り・・・紅葉狩り

鶴寝山手前にて・・ハウチワカエデとブナの巨木を仰ぐ

自然林豊かな穏やかな尾根が延々と続く牛ノ寝通り。。。紅葉狩りです(2019.11.08)。

<ルートと実績>
小菅の湯(6:19)⇒栃の巨木(7:35-37)⇒山沢入りのヌタ(7:49-50)⇒鶴寝山(8:12-16)⇒山沢入りのヌタ(8:39)⇒大マテイ山(9:07-10)⇒大ダワ(9:20)⇒榧ノ尾山(10:35-38)⇒大ダワ(11:50)⇒モロクボ平分岐(12:28)⇒モロクボ平⇒小菅の湯分岐(12:44)⇒小菅の湯(13:06)
1)歩行時間:6時間47分(休憩含む、写真撮影メインの歩き)
2)歩行距離:約20.7Km(iPhone8より、沿面)
3)累積高度:約1160m(iPhone8より)
4)カメラ:α7R3+FE16-35mmF4,α7R4+FE24-105mmF4
5)その他:単独

紅葉狩りの頃、、ウノタワや日原の奥の方を歩くのだが、台風の影響大きく断念。。今年は牛ノ寝通りまで行ってきました。
牛ノ寝通りとは・・
大菩薩峠の稜線南側、、熊沢山を越えると笹の草原の様な石丸峠に辿り着く。牛ノ寝通りは、この石丸峠から東側に・・松姫峠を経て奈良倉山辺りまで延々と伸びる穏やかな尾根だ。自然林が多く紅葉の季節は素晴らしいとのこと。
今日は小菅の湯から牛ノ寝通りに登り上げ、鶴寝山から榧ノ尾山まで紅葉狩りでした(松姫峠への車両通行止めが11/7に解除されたので松姫峠からのアプローチの方がかなり楽ですね)。

小菅の湯~鶴寝山
小菅の湯より歩行開始
道の駅こすげに車を停めて小菅の湯から歩行開始(写真上)。
山葵田
山沢川林道を奥に進み山道となる。沢沿いには山葵田(写真上)、ただ、、さらに奥の山葵田は台風被害で完全に流失していた。
トチノキの巨木
ひと登りした先の分岐を左に進み、トチノキの巨木が2本(写真上)。写真では大きさが分からないのでストックも入れて撮影してみたが・・
朝陽越しに見上げる紅葉
牛ノ寝通りに登り上げ、先ずは鶴寝山へ向かう。日差し越しに・・・木々の姿と序盤の紅葉が綺麗に映えます(写真上)。
富士山@鶴寝山
鶴寝山から仰ぐ富士山(写真上)、こちらは雁ヶ腹摺山と富士山。牛ノ寝通りは樹林に囲まれていて展望は開けません。鶴寝山からの展望は貴重です。

鶴寝山~大マテイ山~大ダワ~榧ノ尾山・・・紅葉狩り
以下、写真のみ掲載
大きなブナの木@鶴寝山直下
コハウチワカエデ
こっちはハウチワカエデ
ブナを見上げる
ハウチワカエデいっぱい・・・これから更に綺麗になるでしょう!
樹林に囲まれた大マテイ山へ
飛龍山@大ダワ
雲取山@大ダワ
橙色のハウチワカエデ
橙色のハウチワカエデを拡大で・・・
彩り豊か・・・
どこまでも続く紅葉の道
更に続く
ブナやナラの大木を越えて
榧ノ尾山・・・ここも展望なし

榧ノ尾山~大ダワ~モロクボ平~小菅の湯
倒木は土に還る
同
同
同
往路に観たハウチワカエデをもう一度
モロクボ平分岐
モロクボ平の紅葉はこれから
小菅の集落・・・ゴールは直ぐです

牛ノ寝通りは紅葉の綺麗な素晴らしい尾根だった。

*撮影した写真は、こちらから閲覧できます・・ここ
今回歩いたルート(gpx)を地図に描きました。

Download

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク タグ: , , パーマリンク