栗駒山・・・紅葉の始まり

栗駒山を越えて天狗平へ下る

岩手遠征3座目(最終座)は紅葉の始まった栗駒山(2018.09.19)。

<ルートと実績>
須川温泉(12:10)⇒名残ヶ原⇒自然観察路分岐(12:35)⇒笊森コース分岐(13:34)⇒栗駒山(14:26-33)⇒天狗平(14:57)⇒昭和湖(15:29)⇒自然観察路分岐(15:47)⇒名残ヶ原⇒須川温泉(16:10)
1)歩行時間:4時間00分(休憩)
2)歩行距離:約8.6Km(AMBIT3 PEAKより、沿面)
3)累積プラス高度:約610m(AMBIT3 PEAKより)
4)カメラ:α7R3+FE16-35mmF4,GX7MK3+LEICA ELMARIT 12-60mmF2.8-4.0
5)その他:単独

早池峰山を下山したのは9時。まだ十分時間がありますので、もう一座登ってから家路に着きましょう。
・・と言うことで早々に3時間運転して栗駒山の北側の登山口・・・須川温泉にやってきました。駐車場から見上げる栗駒山は、山頂付近が色づき始めてます。正午を過ぎましたが好天です。期待できそうですね。

温泉場から登山道へ
ススキ生える温泉場より山中へ(写真上)。
ナナカマドの実オオカメノキの実
初秋を感じながら歩む(写真上2枚)。
名残ヶ原より仰ぐ栗駒山
カエデの黄葉
栗駒山を眺めながら名残ヶ原を行く(写真上2枚)。木道際にはリンドウが咲く
うぶ沼コースで登ります緑のトンネル
苔花台から、うぶ沼(自然観察路)を行く。低木の緑のトンネル・・(写真上2枚)。
アキノキリンソウノコンギク?
アキノキリンソウとノコンギク(写真上2枚)。
うぶ沼
うぶ沼通過(写真上)、周囲が色づき始めましたね。
ササをかき分けて見上げる紅葉
アップ!
ササをかき分けて、、頭上はミネカエデかな(写真上3枚)。
キレイで眩しい!栗駒山へアプローチ
雲が切れて栗駒山への山肌を照らす!綺麗です(写真上)。
振り返り・・・綺麗
直下の急勾配は低木やササが覆いかぶさって難儀・・難儀。。立ち止まっては、背後の綺麗な紅葉を眺めながら進む(写真上)。
栗駒山登頂
重い足取りで栗駒山登頂(写真上)。
イワカガミ平方面紅葉越しに焼石岳
イワカガミ平方面(写真左上)。紅葉越に焼石岳・・・このお山気になりますね(写真右上)。
天狗平へ向かう道の紅葉1天狗平へ向かう道の紅葉2
天狗平へ向かう道の紅葉3天狗平
綺麗な紅葉を鑑賞しながら天狗平に下ります(写真上4枚)。
昭和湖
天狗平より須川コースを下り、昭和湖着(写真上)。
草紅葉と栗駒山
昭和湖から少し下ると栗駒山が見えました。草紅葉が綺麗です(写真上)。
ゼッタ沢沿いを下る
焼石岳を眺めながらゼッタ沢沿いを下る(写真上)。
残ヶ原へ戻りました温泉の湯気
名残ヶ原に戻りました(写真左上)。地獄釜方面から湯気が上がってます(写真右上)。
陽ざしが傾き・・・ササが綺麗
陽ざしが傾いてササが一段と綺麗です(写真上)。穏やかな達成感・満足感・・ゴールはすぐそこです。

見頃には少し早かったが、山頂付近の紅葉は綺麗。足は疲れていたが満足な山行だった。
これで岩手遠征は終了。秋雨前線に嫌気がさしての遠征だったが、天気よく大正解だった。でもね。。。岩手山のコマクサと早池峰山のお花は見たいですよね。また計画することにしましょ。

*撮影した写真はこちらから閲覧できます・・ここ
今回歩いたルート(gpx)を地図に描きました(地図の右上端クリックで拡大できます)。

Download

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です