浅草岳・・・六十里登山口ピストン

鬼ヶ面の雄大な光景
旬の花、、観たさに浅草岳へ(2018.06.22)。

<ルートと実績>
浅草岳六十里登山口(5:34)⇒マイクロ反射塔(6:27-30)⇒南岳(7:31-34)⇒鬼ヶ面山(8:11-15)⇒北岳分岐⇒ムジナ沢カッチ(9:19-20)⇒前岳直下・分岐点(10:06-10)⇒浅草岳・天狗ノ庭方面散策・休憩(10:28-11:30)⇒前岳直下・分岐点(11:46-48)⇒ムジナ沢カッチ(12:29)⇒北岳分岐⇒鬼ヶ面山(13:30)⇒南岳(14:04-06)⇒マイクロ反射塔(14:42)⇒浅草岳六十里登山口(15:17)
1)歩行時間:9時間43分(総時間)
2)歩行距離:約17.0Km(AMBIT3 PEAKより、沿面)
3)累積プラス高度:約1700m(AMBIT3 PEAKより)
4)カメラ:α7R3+FE24-105mmF4、KP+DA55-300mm F4.5-6.3 ED PLM
5)その他:単独

昨シーズンに続き、浅草岳のヒメサユリを鑑賞に行く。今回は単独のため六十里登山口からのピストン。南岳から稜線に出ると見頃のヒメサユリが咲いてます。まだ、傷んでしまった個体が少なく蕾もあります。山頂も大分咲いてました。
山頂東側に少し下って天狗ノ庭方面まで散策しました。こちらはまだお花は少なくシラネアオイが咲いていた程度。天気は終始日差しがそそぎ、気温は高かったですが強めの風が心地よかった。展望は越後三山や燧が展望出来まずまず。浅草岳からの展望は、とても雄大でした。

六十里登山口~鬼ヶ面山
六十里登山口マイクロ反射塔
新潟・福島県境の六十里登山口駐車場に停めて登山口より山中へ(写真左上)。登山口より50分程で南岳中間点のマイクロ反射塔に着く(写真右上)。
コケイラン大きな木に絡む花は?・・・ツルアジサイ
ホウノキの花サンカヨウ
マイクロ反射塔を越えると。お花が咲き始める。コケイラン、ツルアジサイ、ホウノキの花、サンカヨウ(写真上4枚)。その他にホウチャクソウ、ツバメオモト、ユキザサ、エンレンソウ等。
浅草岳@南岳
登山口より2時間ほどで南岳へ辿り着き浅草岳を仰ぐ(写真上)。
ヒメサユリ
青空とヒメサユリヒメサユリの背後に浅草岳
南岳を越えると見頃のヒメサユリが沢山咲き始める(写真上3枚)。
ウラジロヨウラク@鬼ヶ面山
今日の主役はヒメサユリだが、他のお花も負けてはいない。鬼ヶ面山に咲くウラジロヨウラクと浅草岳(写真上)。
越後三山@鬼ヶ面山
鬼ヶ面山より背後の越後三山を眺める(写真上)。家路に向かう車窓から仰ぐ三つの山はとても雄大だった。未踏の二座はいつ行けるだろうか。
守門岳~浅草岳@鬼ヶ面山
鬼ヶ面山より浅草岳を仰ぐ(写真上)。まだ遠い・・北岳の左奥には守門岳が聳える。

鬼ヶ面山~浅草岳へ
ヒメサユリロード青空とヒメサユリ
一番の美人
鬼ヶ面山から北岳向かう道際のヒメサユリ(写真上3枚)。
サラサドウダンと浅草岳
ベニサラサドウダンやサラサドウダンは終盤。落ちた花で道は赤く染まっているが、見頃の株も未だ残る(写真上)。
なんだ???・・・ヤマグルマ
北岳分岐から、滑り落ちるような道を下ってムジナ沢カッチを越えて行く。オノエラン、ウスユキソウ、ツクバネウツギ、カラマツソウ・・・昨年観た花に再び出逢え嬉し。道際の低木には黄緑の初めて見る花が咲く(写真上)。。。はて?・・ヤマグルマとのこと。
崖際に咲くニッコウキスゲとヒメサユリ
ムジナ沢カッチを下った辺りのニッコウキスゲはまだ早く蕾。ただ離れた崖際にはヒメサユリと一緒に咲いていた(写真上)。
雪渓を越えて
鬼ヶ面の雄大な光景を振り返りながら前岳を越え守門岳や飯豊連峰を展望。ネズモチ平・ムジナ沢の道と合わさる。この辺りは雪解け間近・・キクバオウレンコシジオウレンミツバオウレンが咲き、その先には雪渓が残る(写真上)。
絶品のイワカガミ
美しいイワカガミに目を奪われる(写真上)。
コバイケイソウ
直下に咲くコバイケイソウ(写真上)。

浅草岳・天狗ノ庭
賑わう浅草岳山頂へ山頂は団体さんが休憩で占領されてます
登山口より5時間ほどで賑わう浅草岳へ。山頂標柱を撮ろうとカメラを構えるが、、ここは我々の物と言わんばかりに6名ほどの団体が居座り全く気配りなし(写真上2枚)。
山頂からな雄大な光景
已む無くその先の展望ポイントで雄大な展望(写真上)を眺める。こちら拡大山名付き
山頂に咲くヒメサユリ同
山頂に咲くヒメサユリ(写真上2枚)。周囲にはハナニガナやアカモノが沢山咲く。
那須連峰が見えますね天狗ノ庭
山頂から北東側に少し下って天狗ノ庭を散策(写真上2枚)。
シラネアオイ
ショウジョウバカマが一輪@天狗ノ庭オオバキスミレかな
天狗の庭付近のお花はまだ少ない。シラネアオイ、ショウジョウバカマ、オオバキスミレ(写真上3枚)。。その他にタムシバ、イワカガミ、オオカメノキ等々。

浅草岳山~下山
さて下山しましょ
山頂に戻り軽食をとったら下山開始。前岳側(写真上)に下ったら登って来た鬼ヶ面山ルートで下ります。
湿原の池塘とワタスゲ、、守門岳
直下の小さな湿原にてワタスゲと池塘越しに守門岳(写真上)。
雪渓を下って
雪渓を下って(写真上)、前岳を西側から越えて鬼ヶ面ルートへ分岐。
キジムシロの仲間ニッコウキスゲは開き始めている
オウレンの実マイズルソウ
復路もお花を鑑賞しながら行きましょう(写真上4枚)。
南岳・鬼ヶ面山・北岳@ムジナ沢カッチ
ムジナ沢カッチ着。北岳、鬼ヶ面山そして南岳が見える(写真上)。今日は午後になっても視界は衰えない。気温は高いが稜線は強めの心地よい風が吹き、思ったほど虫はまとわりつかづ幸い。
見上げるヒメサユリ同
鬼ヶ面山の次のピークにはヒメサユリ同
北岳を下り始めると再びヒメサユリが咲き始める。午後も青空でヒメサユリの写真を量産(写真上4枚)しながら鬼ヶ面の稜線を南下する。
最後の群生
北岳分岐からはあっと言う間。ヒメサユリロード終着点・・南岳が見える(写真上)。
名残惜し・・
名残惜し・・ヒメサユリ(写真上)。
浅草岳@南岳
南岳に立ち雄大な浅草岳を仰ぐ(写真上)。(写真クリックで鬼ヶ面稜線と浅草岳のパノラマが開きます)

あとは、南岳を黙々と70分下って六十里登山口へ下山。
総時間9時間40分程。天気よくヒメサユリをゆっくり鑑賞でき満足な山行だった。
虫が多かったが、山中では刺されなかった。蚊取り線香のおかげか風があったからかは不明。ただ、早朝の六十里登山口駐車場では、身支度のわずかな時間で6カ所刺され、今も少し腫れている。
*今回撮った写真はこちらから閲覧できます・・・こちら

今回歩いたルート(gpx)を地図に描きました(地図の右上端クリックで拡大できます)。

Download

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク, 草花・花木 タグ: , , パーマリンク