至仏山・・・咲き競う高山植物

高天ヶ原と尾瀬ヶ原・燧ケ岳の展望

お花の季節定番の尾瀬・至仏山へ、今年も連れを誘って登ります(2017.07.09)。

<ルートと実績>
鳩待峠(5:12)⇒山ノ鼻(6:04-12)⇒研究見本園散策⇒至仏山登山口(6:39) ⇒高天ヶ原ベンチ(9:47-58)⇒至仏山(10:27-38) ⇒小至仏山(11:35-38) ⇒笠ヶ岳分岐(12:14)⇒オヤマ沢田代(12:15)⇒鳩待峠(13:33)
1)歩行時間:8時間21分(休憩含む、連れに合わせたユックリペース)
2)歩行距離:約13.5Km(fenix5より)
3)累積プラス高度:約1000m(fenix5より)
4)カメラ:K-1+DFA24-70mmF2.8、KP+DFA MACRO100mmF2.8
5)その他:連れ同伴

鳩待峠発5時12分ミズバショウの葉っぱの道
始発の乗合タクシーで鳩待峠に着けて5時12分歩行開始(写真左上)。ミズバショウの大きな葉っぱの木道を進み(写真右上)、山ノ鼻へ。クルバマソウ、ツクバネソウカラマツソウ・・・あまり見かけないお花も咲いていた・・・ノビネチドリ?エゾムラサキ?だろうか。
-

研究見本園の朝
山ノ鼻より研究見本園へ(写真上)、、ゆっくり半周。ギョウジャニンニク、ヒオウギアヤメ、カキツバタハクサンチドリ、コバイケイソウ、リュウキンカ・・・
ヒオウギアヤメ
ヒオウギアヤメ(写真上)
コバイケイソウ
コバイケイソウ(写真上)
-

至仏山を見上げる@研究見本園
至仏山は良い天気です(写真上)。よく見れば登山者が登ってます。早く登りたいですが足元には、まだまだお花がありますね。ノアザミの蕾?レンゲツツジナツトウダイ、ワタスゲ、ミヤマキンポウゲタテヤマリンドウの結実チングルマの穂、ミツガシワ・・・やっと至仏山登山口です(6時39分)。
ワタスゲ
ワタスゲ(写真上)
朝露に濡れたミツガシワ
ミツガシワ(写真上)
-

クモイイカリソウ
樹林帯を暫く登り、頭上が開け出すとベンチがある。お花が咲き始めて・・・タテヤマリンドウ、ダイモンジソウ、ツマトリソウ、そしてクモイイカリソウ(写真上)。振り向くと尾瀬ヶ原と燧ケ岳が展望できる。今日は猛暑の影響か霞んで遠くは見えない。
タテヤマリンドウ
タテヤマリンドウ(写真上)
ダイモンジソウ
ダイモンジソウ(写真上)
-

中盤のベンチ・・・この辺りからユキワリソウが咲き始める
連れの足取りが辛そうなので休憩をとりながらゆっくり登る。イワイチョウイワシモツケミネウスユキソウ。。展望の良いベンチ(写真上)まで登ってくると木段となり、主役級のお花が次々登場する。
ユキワリソウがいっぱい
ユキワリソウ(写真上)
チングルマ
チングルマ(写真上)
ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ(写真上)
-

高天ヶ原への木段
標高2000mを越えると斜面は緩やかな木段となり、辺りはホソバヒナウスユキソウ、タカネシオガマ、ジョウシュウアズマギク、タカネバラジョウシュウキバナノコマノクサ等のお花畑となる。そしてその先・・蛇紋岩の岩を縫うような木段・・・絵に描いたような光景(写真上)。ここを登って高天ヶ原のベンチで昼食ホソバヒナウスユキソウホソバヒナウスユキソウ(写真上)
ジョウシュウアズマギク
ジョウシュウアズマギク(写真上)
タカネシオガマタカネシオガマ(写真上)
-

高天ヶ原のベンチを発ち雪渓を横断してショウジョウバカマを鑑賞しながら登り、登山口より4時間にて至仏山に登頂。山頂は登山客で混雑し展望も靄ってます(平ヶ岳巻機山)。 早々に小至仏山側に進みます。
-

小至仏山へ・・・背後には笠ヶ岳と武尊山
小至仏山へ連なる稜線(写真上)は一段とお花が多く。ホソバヒナウスユキソウ、タカネシオガマ、ハクサンシャクナゲイワハタザオ、キバナノコマノクサ、チングルマ、コケモモ等が咲き競います。
ホソバヒナウスユキソウとタカネシオガマ
ホソバヒナウスユキソウとタカネシオガマ(写真上)
ホソバヒナウスユキソウの花弁・・・フカフカです
ホソバヒナウスユキソウの花弁・・・フカフカモコモコ(写真上)
-

燧ケ岳・尾瀬ヶ原と至仏山@小至仏山
小至仏山に辿り着き、至仏山と尾瀬ヶ原・燧ケ岳を展望します(写真上)。小至仏山を越えると雪渓が残り、お花は更に元気に咲きます。ミネウスユキソウ、チングルマ、シナノキンバイ、ハクサンイチゲ、イワカガミ、ミツバオウレンコシジオウレンそしてユキワリソウ、ハクサンコザクラ。
チングルマ
チングルマ(写真上)
シナノキンバイ
シナノキンバイ(写真上)
頭上にハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ(写真上)
イワカガミ
イワカガミ(写真上)
ハクサンコザクラ
ハクサンコザクラ(写真上)
-

オヤマ沢田代を越えて樹林帯の道を鳩待峠へ下っていく。今年は雪が多く雪解け間近で残雪もあった。お花の数は少なくなりますが、、、イワナシ、タケシマラン、コミヤマカタバミ、エンレンソウ、ムラサキヤシオ、シラネアオイ、オオカメノキ、ミヤマキンポウゲ、マイズルソウ、ユキザサ、ギンリョウソウ、、最後まで楽しみながら鳩待峠へ到着。
タケシマラン
タケシマラン(写真上)
ムラサキヤシオ
ムラサキヤシオ(写真上)
シラネアオイ
シラネアオイ(写真上)
ミヤマキンポウゲ
ミヤマキンポウゲ(写真上)
マイズルソウ
マイズルソウ(写真上)
ギンリョウソウ
ギンリョウソウ(写真上)
鳩待峠到着
13時33分、鳩待峠へ戻る。
やはり、至仏山のお花は素晴らしい。望郷の湯に立ち寄って汗を流して家に帰ろう。

・歩いたルートは「尾瀬・至仏山_2016.07.01」と同じですので割愛します。GPXファイル等はそちらで確認ください

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク, 草花・花木 タグ: , , , パーマリンク