八方尾根と唐松岳・・・お花いっぱい

唐松岳からの展望・・・五竜岳・穂高・槍~立山・剱岳今年も八方尾根から唐松岳に歩きたい。今年より一ヶ月ほど早いが沢山のお花が咲いていることだろう(2016.07.11)。

<ルートと実績>
黒菱第3ペアリフト駐車場(4:14)⇒黒菱平(4:36-40)⇒八方池山荘(5:07)⇒八方山ケルン(5:37)⇒八方池(6:05-15)⇒丸山ケルン(7:27)⇒唐松岳頂上山荘(8:12-18)⇒山荘東のピーク経由⇒唐松岳(8:43-56)⇒唐松岳頂上山荘(9:16-21)⇒丸山ケルン(10:12)⇒第3ケルン(11:20)⇒昼食⇒八方池山荘(12:11)⇒黒菱平(12:32)・・・黒菱第3ペアリフト乗車して駐車場に下山
1)歩行時間:8時間17分(休憩含む)
2)歩行距離:約14.5Km(eTrex30より)
3)累積高度:約1400m(eTrex30より)
4)その他:単独

黒菱平と日の出

黒菱第3ペアリフト駐車場から作業道を登り黒菱平へ、、ここから自然研究路へ進み、日の出を眺めながら八方池山荘へ向かいます。ニッコウキスゲ等が朝日で鮮やかです。鹿島槍ヶ岳・五竜岳を展望しながら1時間弱で八方池山荘着。

八方池と白馬三山白馬三山やお花を鑑賞しながら尾根道を登り、三つのケルン(八方山、息、八方)を越えて八方池へ・・・白馬三山・天狗ノ頭を池越しに望みます。畔にはわずかに雪が残り、ユキワリソウ、イワカガミ、イワイチョウ等々が生きいきと花を咲かせています。

唐松岳頂上山荘と牛首

八方池よりお花は更に増え、扇雪渓ではオオサクラソウに初めて出逢えてうれしい限り。唐松岳頂上山荘まで辿り着くと立山連峰の山々が目前に迫り、唐松岳山頂では奧穂高連峰~剱岳白馬連峰の大パノラマです。視界もまずまずで幸運でした。

ライチョウの親子

唐松岳頂上山荘をあとに下山の途につくと、登山道でライチョウの親子連れが日向ぼっこ・・・でしょうか?嬉しいですね~。下りは更にじっくりとお花を鑑賞しながら黒菱平まで歩きました。

以下に、今回出逢ったお花他をリストアップします。先日の至仏山に負けずとも劣りませんね!!
イブキボウフウ?ハクサンダイゲキ?ハナチダケサシ?ハッポウウスユキソウ?
シモツケソウタカネナデシコオニアザミ?ミヤマママコナ
オオバギボウシタテヤマウツボグサオオコメツツジクルマユリ
ニッコウキスゲイブキジャコウソウキバナノカワラマツバミヤマカラマツ
ショウジョウバカマイワカガミイワイチョウウラジロヨウラク
テガタチドリミヤマダイモンジソウユキワリソウシロバナニガナ

イワシモツケミヤマアズマギククロトウヒレンハクサンチドリ
ベニバナイチゴミヤマキンポウゲオオサクラソウ・・・ちょっと傷んでますアオノツガザクラ
ミヤマダイコンソウミツバオウレンアカモノミヤマキンバイ
ミヤマクワガタハクサンシャクナゲクモマスミレ?コマクサ
イワツメクサクロユリハクサンイチゲタカネヤハズハハコ
タテヤマリンドウチングルマツマトリソウゴゼンタチバナ〈ピンボです)
ツガザクラミネズオウマイズルソウシラネアオイ
サンカヨウ・・・もう終わりですジシバリ?ヨツバシオガマシシウド??
エゾシオガマウサギギクマルバヘビノボラズタカネバラ
チシマギキョウミヤマムラサキ・・・ちょっと傷んでるクモマミミナグサホソバツメクサ
ムシトリスミレワレモコウキンコウカタカネアオヤギソウ

注)ルートは2015.08.09とほぼ同じです。GPXファイルはこちらの山行をご覧ください

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク, 草花・花木 タグ: , , パーマリンク