金峰山・国師ヶ岳・北奥千丈岳・・・大弛峠より

富士・五丈岩・南アルプス@金峰山頂梅雨の晴れ間を狙って標高2360mの大弛峠を起点に金峰山、国師ヶ岳、北奥千丈岳(奥秩父山塊最高峰)を歩くことにする(2016.07.06)。

<ルートと実績>
大弛峠(8:41)⇒朝日峠(9:11)⇒朝日岳(9:41-45)⇒金峰山・五丈岩(10:35-11:21)⇒朝日岳(12:22-27)⇒朝日峠(12:56-13:03)⇒大弛峠(13:28)⇒前国師岳(14:06)⇒国師ヶ岳(14:16-22)⇒北奥千丈岳(14:33-42)⇒前国師岳(14:51)⇒夢の庭園⇒大弛峠(15:21)
1)歩行時間:6時間40分(休憩含む)
2)歩行距離:約11.7Km(eTrex30より)
3)累積高度:約1000m(eTrex30より)
4)その他:単独

予てより奥秩父山塊最高峰の北奥千丈岳(2601m)と国師ヶ岳に行きたいと思っていた。大弛峠が起点だが、2時間程度で往復可能なので、奥秩父盟主の金峰山まで足を延ばしたい。天気が良ければ心地よい展望歩きになることだろうが・・・。。
大弛峠までは圏央道・中央道の利用が最も早いが、早朝なら秩父経由で雁坂トンネルを利用してもさほど変わらない。それでも3時間半の運転を強いられる。金峰山のみなら瑞牆山荘登山口の方がアクセスが早い。

大弛峠の駐車場

自宅を発ってから終始どんよりとした雲に覆われていたが、幸運にも・・・林道を進み標高を上げると頭上は青空に変わり程なく大弛峠(標高2360m)に到着した。小綺麗なトイレが完備された駐車スペース(舗装部)は既に半分以上埋まっている。やや強い風もアブやコバエが負けじと、まとわりつくので早々に準備して峠の金峰山登山口より歩き始めます。

金峰山@朝日岳

早々に100m程標高を稼ぐと立ち枯れが目立つ尾根道となります。朝日峠のケルンを過ぎると緩やかに登り返して、見晴らしの良い岩稜に出ます。やや霞んでいますが雲海からは富士山が美しく聳え立ち、振り返ると甲武信ヶ岳~国師ヶ岳・北奥千丈岳が良く見えます。そして更に100m程登るとベンチの置かれた朝日岳へ登頂・・・ここまで1時間ほど、、美しい金峰山と五丈岩がクッキリです。

金峰山頂はすぐそこ@賽の河原

朝日岳からはガレバを下って再び樹林帯です。鉄山を右に巻くように穏やかに登っていくと30分程で再び森林限界を超え、そこは賽の河原・・・金峰山はすぐそこです大きな岩を潜って山標柱を見送り、大きな岩をつたって五丈岩際へ・・・五丈岩を見上げ瑞牆山を眺め、行きかう雲々を楽しみます。今日は思った以上の天気で山頂はとても気持ちよく、、少し長居をしてしまいました。最後に山頂付近から富士・五丈岩・南アルプスの光景を眺めたら大弛峠へ引き返します。

富士・南アルプス・金峰山@朝日岳朝日岳まで戻ると雲が吹き払われて南アルプスも展望できるようになりました。数分間でしたが展望が叶い幸運でした(こちら南アルプス付近のクローズアップ)。

国師ヶ岳山頂

大弛峠まで下山したら林道を横断して大弛小屋奥から国師ヶ岳・北奥千丈岳へ向かいます。登山道は勾配がありますが、大半は木道・木段なので大変歩き易いです。前国師岳手前まで登っていくと北奥千丈岳が迫りますが、まずは縦走路上の国師ヶ岳に向かいます。山頂には一等三角点が置かれ南側の展望が開けます。

奥秩父縦走路の山々@北奥千丈岳

北奥千丈岳へは一旦戻って分岐を左に行けば10分程です。ここは奥秩父の最高峰だけあり、見晴らしがよく、午前中に登った金峰山から奥秩父縦走路に連なる山々が一望できます(国師ヶ岳~雲取山拡大)。南アルプスの展望は叶いませんが。金峰山国師ヶ岳甲武信ヶ岳・木賊山雁坂嶺・雁坂峠雲取山等を目を凝らして遠望、下山は途中より夢の庭園を下り、大弛峠へ戻りました。

今日はここまでの展望は期待しておらず、思いのほか満足な山歩きとなりました。大弛峠は林道運転がかなり長いですが、峠から2時間ほどで金峰山の頂に立てるのは魅力的ですね。次回は紅葉の時期に連れを誘って訪れたいものです。

今回撮った写真はFlickrにアップしました。こちらからご覧になれます・・・ここ
最後に今回歩いたルート(gpx)を地図に描きました。

Download

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク タグ: , , パーマリンク