武甲山・小持山・大持山と鳥首峠への稜線・・・紅葉は既に見頃

ウノタワへ下る稜線の紅葉川苔山の紅葉が見頃だと山仲間よりメールがあった。それなら武甲山も見頃のはず。。早速、見に行くことにする(2014.10.28)。

<ルートと実績>
生川登山口P(9:08)⇒大スギの広場(10:02)⇒武甲山頂(10:34-47)⇒シラジクボ(11:04)⇒小持山(11:41-43)⇒大持山(12:25)⇒鳥首峠分岐(12:31-39)⇒ウノタワ・鳥首峠手前まで散策⇒鳥首峠分岐(14:06-08)⇒妻坂峠(14:47)⇒生川登山口P(15:12)
1)歩行時間:約6時間04分(休憩・昼食含む)
2)歩行距離:約14.0Km(eTrex30より)
3)累積プラス高度:約1540m(eTrex30より)
4)その他:単独

武甲山~大持山
武甲山・御嶽神社の鳥居とカエデ生川から武甲山への登山道はほぼ針葉樹林なのですが、山頂直下まで登ってくると広葉樹が多く茂ります。山頂の御嶽神社周囲はブナ、ナラ、カエデ等の巨木で見ごたえがありますね。
シラジクボへ下る斜面にはカラマツが茂り青空に良く映えてます。小持山山頂付近の稜線は、既に散った木々も多いですがアカヤシオの紅葉が僅かに残ってました。大持山山頂直前のブナやナラの巨木は結構良い感じで染まってましたね。ここは私のお気に入りポイントです。
御嶽神社境内前・・・いい感じです 御嶽神社横のブナの大木・・・ファインダに収まりまでん 武甲山山頂のトイレ付近・・・黄色い大きな葉っぱのカエデ シラジクボへの斜面のカラマツ ミズナラとカエデ@小持山への急斜面 小持山山頂・・・アカヤシオの紅葉(赤)が僅かに残る 大持山手前の展望ポイント・・・アカヤシオの葉は落ちてます 大持山山頂手前のブナ・ナラ・・・良い感じです
-

鳥首峠手前の稜線
鳥首峠へ続く稜線@ウノタワ手前・・・紅葉が綺麗普段は大持山の東肩(鳥首峠分岐)から妻坂峠へ素直に下るのですが、ここから鳥首峠手前までの稜線にはブナやナラ等の原生林が茂り、紅葉の時期がおススメとのことですので、今日は鳥首峠手前のピークまで往復です。200m近く標高を落とすので帰路はチョットだけ辛いですよ。。
苦労の甲斐あり、素晴らしい紅葉を楽しめました。
ウノタワ・・・この少し下に入間川の源泉 大木の隙間に茂る沢山のカエデ 奥武蔵では珍しいブナの大木 ブナやミズナラの原生林@鳥首峠手前のピーク付近-

鳥首峠分岐(大持山の東肩)~妻坂峠
妻坂峠へ下る稜線の紅葉鳥首峠分岐に戻って一息入れたら毎度の様に妻坂峠への稜線を下ります。こちらは緑がかったカエデも目立ちますので見頃直前かな。。日ざしが西に傾いたので写真写りが少し劣りますね。13時頃までの方が良くとれるかも。。でもカエデを中心に綺麗でしたね。
見頃直前のカエデが多い この木は何だろう 大きな葉のカエデ 綺麗なカエデ-
今回歩いたルート(gpx)を地図に描きました。

Download

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク タグ: , , , , パーマリンク