日光半月山・茶ノ木平・・・男体山を眺めて紅葉歩き

男体山と中禅寺湖の展望@半月山展望台いつも閲覧させて頂いている「気ままな男の山歩き」の赤城さんが男体山と中禅寺湖等の絶景を眺めながら紅葉を楽しんでいらっしゃいました。カミサンに話してみると・・・是非歩きたい・・・とこのとで、同じルートを歩いてみました(2014.10.16)。

<ルートと実績>
歌ヶ浜無料P(7:20)⇒狸窪(8:06)⇒半月峠(9:10-22)⇒半月山展望台(9:54-10:08)⇒半月山(10:20)⇒中禅寺湖展望台(11:09)⇒狸山(11:21)⇒茶ノ木平入口の展望台(11:46-54)⇒茶ノ木平(12:21)⇒中宮祠の登山口(13:14)⇒歌ヶ浜無料P(13:31)
1)歩行時間:6時間11分(休憩含む)、ゆっくり歩きました。
2)歩行距離:約21.0Km(eTrex30より) 
3)累積高度:約805m(eTrex30より)
4)その他:カミサン同伴
*「気ままな男の山歩き」の赤城さんの本山行の記事はこちらです

足尾の山々@半月山展望台手前早朝7時過ぎに閑散とした歌ヶ浜駐車場に着けます。山腹に淡い朝陽があたる男体山を眺めたら歩行開始です。ゲートを潜り歩きイタリア大使館別荘記念公園を横切って湖畔沿いを歩きます。八丁出島が近づくと再びゲート、その先に半月峠の標識があり、ここより半月山へ取り付きます。道はガレ気味ですがジグザグに登りますので穏やかな傾斜です。やがて濡れた笹の道になり、暫く登ると半月峠です。ここで南西側の視界が開けて袈裟丸山~皇海山が展望できます。
一息ついたら日ざしが射し始めました!半月山目指して笹をジグザクに登ります。急斜面ですが登るに従い・・社山、中禅寺湖、男体山等次々展望が広がって何とも心地より登りです。肩まで登ったら緩やかに進むと広大な足尾の山々・・・初めて見る光景に心が奪われる様な気持です。
そして木造の小さな半月山展望台に辿りつきました。正面には中禅寺湖越しに美しい男体山と日光連山の山々のスイーパービューが広がります。。。願わくば、視界全体にお日様が照らしてくれればなあ・・・欲張り過ぎかな。。
展望台ではお日様がもっと出ることを期待して暫く待ちましたが、その兆しはありませんので、展望のない半月山山頂を越えて中禅寺湖展望台へ一旦下り、狸山を越えて茶ノ木平を目指します。道中は、やや冬枯れたダケカンバ茂る笹の道に見頃のカエデ等が点々と彩る風情のあるルート、、加えて足尾の山々も美しいのですが、歩いているルート付近のみが全くお日様の恩恵が受けられないのが残念でした。
茶ノ木平入口付近の展望台で食事をとり、ウラジロモミジ?を眺めながら茶ノ木平へ登り返して中禅寺湖畔に下り駐車場に向かいます。ここまで降りると日ざしが射し始めて駐車場の美しい紅葉の木々が出迎えくれました。。。。どうやら今日はお日様に嫌われたのかな??寒気が流れ込んだからすっきり晴れなかったのかな。今週末は天気が安定するでしょうから、更に素晴らしい光景に出逢えることでしょう。
山腹に淡い朝陽が当たる男体山@歌ヶ浜 イタリア別荘記念公園 八丁出島と社山@イタリア別荘記念公園の桟橋 半月峠への分岐@狸窪 袈裟丸山~皇海山の展望@半月峠 半月山への笹の急斜面 紅葉した八丁出島@半月山展望台 展望のない半月山山頂 ダケカンバと笹の道@中禅寺温泉展望台手前 中禅寺温泉展望台 茶ノ木平入口付近の展望台 モミジ1 モミジ2 もうすぐ湖畔に降りますね 中宮祠の登山口 男体山が綺麗です@歌ヶ浜P

最後に本山行のルートマップを示します。

Download

Similar Posts:

カテゴリー: ウォーク&ハイク タグ: , , パーマリンク