蓼科山_2013.07.17

鳥居のある7合目登山口前日の八ヶ岳下山後は塩尻のラドンセンターへ移動して温泉と仮眠をとって翌日の山行に備えました。当初は浅間山を予定しておりましたが、甲信越の山々は午後より雨の予報のため、短時間で登れる蓼科山へ計画を変更しました。
蓼科山登頂直後は北アルプス側の視界がありましたが、あっという間にガスが上って展望がゼロに・・・さらに下山後は徐々に天候が回復して山頂の雲は無くなりましたね。今日はちょっと悔しい山行となりました(2013.07.17)。

<ルートと実績、ルートマップはここ
7合目登山口(5:25)⇒蓼科山荘(6:28)⇒蓼科山頂(6:58-7:27)⇒蓼科山荘(8:01)⇒7合目登山口(8:45)
1)歩行時間:3時間20分(休憩含む)
2)歩行距離:約5.4Km(eTrex30より)
3)累積高度:約610m(eTrex30より)
4)その他:ミラさんと私

大きな岩の敷き詰められた様な広い山頂早朝は小雨が降っており、1時間待って7合目登山口を歩き始めます。序盤よりガレた道は徐々に勾配を増していきます。振り返ると美ヶ原とその先に北アルプスの山並が確認できます。
そして1時間程で蓼科山荘へ到着。頭上には蓼科山山頂付近が確認できます・・・ガスはかかっていませんね。。。期待が膨らみます。
大きな岩の急斜面を両手も使いながら登ること30分で岩を敷き詰めた様な広い山頂に到達です。山標で記念写真をとって奥社経由、、方位盤まで移動して視界の開けた北アルプス方面の展望を楽しもうとしましたがあっと言う間にガスが上がり御嶽山しか確認できません。そして数分で全く展望なし!ガスが切れるのを暫く待ちますが、粘りの無い二人は早々に下山開始。。。来た道を下山しました。

まだ9時前なので、霧ヶ峰の車山の肩へ移動してニッコウキスゲを眺め、車山と湿原を散策しました。蓼科山の山頂付近にかかっていた雲は徐々に無くなって、散策が終わるころには全くなくなりました。登り直す気力も体力も無いので中央高速で帰路に着きますが、何と!!八ヶ岳も展望できるようになりました!午後からの雨の予報は・・・如何しちゃったの!これなら浅間山でも問題なかったかも・・・少々悔しい山行となりました。