平標山・仙ノ倉山(嵐歩の会)_2013.06.23

平標山山標・・・人出溢れ、山標のみの撮影です今月の嵐歩の会は谷川連峰の西に構える平標山と仙ノ倉山です。
ここは高山植物が咲き乱れる花の山として人気があるようですが、今日は6月の休日と言うことで今シーズン最高の人出となり、登山道は沢山のハイカーで賑やかです。山頂への稜線に上がるとガスがかかって展望は叶いませんでしたが平標山と仙ノ倉山の間に広がる御花畑はハクサンコザクラ、ハクサンイチゲ等が咲き乱れ、地上の楽園の様でありました(2013.06.23)。

<ルートと実績、ルートマップは前回と同じ・・・ここ
平標駐車場(8:48)⇒松手山(10:22)⇒平標山(11:59)⇒鞍部御花畑ベンチ(12:17-32)⇒仙ノ倉山(13:09-20)⇒平標山(13:58-14:01)⇒平標山の家(14:29-37)⇒平元新道登山口(15:14-21)⇒平標駐車場(16:07)
1)歩行時間:約7時間19分(休憩・昼食含む)
2)歩行距離:約15.1Km
3)累積プラス高度:約1360m
4)参加者:カザさん、ミラさん、リョウさんと私

仙ノ倉山山頂目前・・・ハクサンイチゲ咲く階段を登るミラさんとリョウさん

お花の最も綺麗な6月の休日なので人出はある程度予想してましたが、8時半着では少し遅すぎましたね。。。大きな平標駐車場は既に満車で周囲は路上駐の車が沢山です。路上駐はしたくなかったので・・・600mも先の車避帯に駐車を余儀なくされました。予想を遥かに超えてました。
コースは前回と同様に松手山経由で登ります。松手山辺りまで登ってくるとアカモノ、ベニサラサドウダン、イワカガミ等々・・お花が華やかに咲き始めました。日差しはありますが雲の多い天気で松手山からは隣の苗場山も展望が利きません。。。稜線を進み肩への勾配が迫って来ました。沢山のハイカーが連なって登っていますね。我々もハクサンイチゲやハクサンチドリ等咲く階段(カザさんリョウさんとミラさん)を登り、ガスがかかり始めた平標山を越えて、鞍部に広がる御花畑まで進み昼食を摂りました。
さて、一息ついたらお花畑を通って仙ノ倉山往復です。霧が晴れることを期待しましたがやはり叶わず、記念を収めたら(カザさんミラさんとリョウさん)、平標山へ戻り、南側の山の家へ下ります。ここまで下ってくるとガスは晴れて仙ノ倉山の先に連なるエビス大黒ノ頭が綺麗に展望できました。何時かはこの山を越えて谷川岳まで歩いですね。。。。
そして・・あとは、毎度の様に平元新道登山口まで下って林道を歩いて平標駐車場へ戻りました。

*平標駐車場へ向かって林道を歩いていると30m程度先の林道にクマが現れました(別荘地に差し掛かる辺り)。クマはこちらを振り向くとすぐに薮の中に戻り大事には到りませんでしたが、クマ鈴を付けていてもクマは30m離れていると気がつかない? もう少し大きなクマ鈴が必要なのかな。。

今回出会ったお花は、こちらのWebアルバムにまとめました。ご覧ください。