奥武蔵・・・二子山・武川岳・伊豆ヶ岳_2012.12.02

冬枯れの木立から武甲山を眺め焼山へ歩く二子山・武川岳・伊豆ヶ岳のルートは昨年の新緑の季節に歩きました(こちら)。今年は紅葉の季節に・・と考えておりましたが少々機会を逸した12月第一週となりました。
凍てつくような寒さの中、芦ヶ久保道の駅より登攀開始、前半は天候良く二子山や焼山の山頂からは大展望を楽しみます。そして武川岳手前からは昨日降った雪の残る道となり、山伏峠へ大きく下って伊豆ヶ岳へ・・最後の紅葉を眺めながら登り返しました(2012.12.02)。

<ルートと実績、ルートマップはこちら
芦ヶ久保登山口(8:10)⇒二子山雌岳(9:15)⇒二子山雄岳(9:25-30)⇒焼山(10:02-06)⇒蔦岩山(10:49)⇒武川岳(11:08-25)⇒前武川岳(11:37)⇒山伏峠(12:17)⇒伊豆ヶ岳(12:57-13:04)⇒馬頭観音(13:42)⇒正丸駅(14:02)
1)歩行時間:5時間52分(休憩含む)
2)歩行距離:約14.0Km(eTrex30より)
3)累積高度:約1500m(eTrex30より)
4)同伴者:ミラさん

二子山雄岳より武甲山を展望焼山への尾根に残る紅葉武川岳(1052m)山頂・・・日差しが無くなり長居はできませんでした山伏峠へ下る途中・・・伊豆ヶ岳を展望写真1芦ヶ久保道の駅の西側より西武線を潜って沢コースを進みます。二子山雌岳を越えて展望良好な雄岳へ登り返し、目前の武甲山(写真1)や両神山浅間山を展望します。
写真2⇒二子山からは快適な尾根歩き・・・冬枯れの木立から武甲山を眺めたり、まだ少し残る紅葉を見上げ(写真2)ながら進み、直前の急勾配を登れば展望良い焼山到達。武甲山から秩父盆地そして北関東の名山を眺め一息つきます。
写真3⇒焼山の先も尾根のアップダウンは続き、小さな岩場の勾配を越えて進めば蔦岩山。そして穏やかに登って行けば、昨日の残雪が残る武川岳到着(写真3)。昼食を摂って大休憩としたいところですが、日差しが届かなくなり体が冷えるので長居はできません。
写真4⇒武川岳からは山伏峠へ下ります。途中、目の前に伊豆ヶ岳(写真4)が展望できると程なく山伏峠到着。。。車道を横断したら伊豆ヶ岳への登り返しが始まります。・・・そしてまだ残る紅葉を眺めながら山頂到達。週末は賑やかな山頂も紅葉シーズンが終わって少しさびしく感じます。
さて下山、、馬頭観音口へ最短で下り正丸駅へ・・・最後は、飯能行き電車待ちの25分で体を温めました。