稲村岩尾根より鷹ノ巣山_2012.11.13

稲村岩尾根登山口・・・頭上に稲村岩が見える鷹ノ巣山はルートの豊富さ、展望のよさ、そして獲得高度も1000m。。。個人的には奥多摩三山(大岳・御前・三頭山)と川苔山、そしてこの鷹ノ巣山を含めた5山が奥多摩を代表する山(奥多摩5山?)と感じております。この山へは過去4度登頂を果たしておりますが、今回は初めてのルートである稲村岩尾根を登り、下山は綺麗な紅葉を期待して榧ノ木尾根を下りました(2012.11.13)。

<ルートと実績、ルートマップはここ
東日原バス停(7:33)⇒鷹ノ巣山登山口(7:40)⇒稲村岩のコル(8:27-34)⇒鷹ノ巣山(10:31-52)⇒榧ノ木山(11:43)⇒倉戸山(12:24)⇒大麦代P(13:16)
1)歩行時間:5時間43分(休憩含む)
2)歩行距離:約13.0Km(eTrex30より)
3)累積高度:約1350m(eTrex30より)
4)その他:単独

東日原停留場より登山口へ・・・正面に大きな稲村岩が現れる歩き始めて3時間弱・・・開けた山頂に飛び出します榧ノ木尾根の紅葉下山後、小河内ダムにてバス待ち写真1奥多摩駅前よりバスにて東日原へ移動。鍾乳洞方面に歩き出すと民家の屋根の向こうに稲村岩のピーク(写真1)が現れ、数分で登山口です。沢へ下って渡ったら高度を上げながら稲村岩の北側に回り込みます。頭上を見上げると崖の上は綺麗な紅葉です。そして稲村岩の北側にとり付き急勾配をジグザグに登り切ればコル到達左手のピークまで岩場を登りますが生憎の視界なので稲村岩へのアプローチは割愛します。
写真2⇒岩場の下りてコルに戻ったら稲村岩尾根を登ります。この尾根は急な勾配が何度も現れるひたすら我慢の2時間の登り、山頂(写真2)に立てば抜群の眺めなのですが今日は視界が悪く残念!日差しも無くなり肌寒いので昼食を摂ったら早々に石尾根から倉戸山方面に向かいます。
写真3⇒石尾根縦走路巻き道と水根沢林道分岐を見送って小さなピークを2回ほど越えていきます。この辺りのブナは既に落葉していましたが、榧ノ木山の先には紅葉の樹林帯が広がっておりました(紅葉1、写真3、紅葉2)。
写真4⇒戸倉山より30分程下ると紅葉の温泉神社・・・そして奥多摩湖が見えてきます。バス時間まで1時間ほどあるので大麦代駐車場から10月桜等を眺めながら小河内ダムまでゆっくり歩きます。どうやら日差しが戻ってきましたネ。。最後はバス停に並んでバスに乗って奥多摩駅に戻りました。

今日は日差しが届かず少々残念。。。紅葉も少し盛りを過ぎていましたネ。次回はまだ歩いていない浅間尾根から登りたいものです。