南アルプス・仙丈ケ岳_2012.08.31

小仙丈ケ岳より・・・雲が上がってきた仙丈ケ岳山頂付近今月の中旬は仙丈ケ岳を目指しましたが強い雨に見舞われ、馬ノ背ヒュッテ手前で引き返した経緯があり、本日はそのリベンジ。。
前夜の山頂付近天気予報は「晴時々曇か霧」 ・・・大展望を期待してのリベンジでしたが、8時前より雲が上がり始め、6合目で綺麗な稜線を確認できた以降は、ほぼ雲の中の登山となりました(2012.08.31)。

<ルートと実績、ルートマップはここ
北沢峠・仙丈ケ岳登山口(6:55)⇒薮沢・小仙丈ケ岳分岐(8:01)⇒6合目・森林限界(8:19-21)⇒小仙丈ケ岳(8:47-51)⇒仙丈ケ岳(9:46-10:08)⇒仙丈小屋(10:23-28)⇒馬ノ背ヒュッテ(10:53)⇒薮沢・小仙丈ケ岳分岐(11:26)⇒北沢峠(12:25)
1)歩行時間:5時間30分(休憩含む)
2)歩行距離:約10.5Km(eTrex30より)
3)累積高度:約1170m(eTrex30より)
4)その他:単独

北沢峠より入山・・・小仙丈ケ岳経由で山頂を目指す
北沢峠に建つ長衛荘・・・8月中旬にはお世話になりました6合目着・・・小仙丈ケ岳へ至る稜線が鮮やかでしたが・・・小仙丈ケ岳目前の登攀・・・一瞬、雲が切れて北岳を展望小仙丈ケ岳着・・・頭上は青空ですが周囲は雲で視界なし夜中の1時に出発。。圏央道⇒中央道を走って伊那ICでおりて戸台口無料駐車場着は4時。少し休んで6時5分の始発バスを待ちますが今日は利用者が多いためか?5時50分過ぎの臨時バスで北沢峠着6時45分。
峠のトイレ隣の登山口より入山、、朝日のあたるシラビソ樹林帯を登り始め1時間強で小仙丈ケ岳・薮沢分岐に達します。ここは小仙丈ケ岳へのルートを選び岩混じりの勾配を登れば6合目の森林限界・・・向かう小仙丈ケ岳への稜線や右手の馬ノ背側も好展望ですが、背後を見ると雲が上がってきており先を急ぐことにします。しかし、、周囲は徐々に雲に覆われ、登攀途中に雲の切れ間から北岳を仰ぎますが小仙丈ケ岳での大展望は叶わず、仙丈ケ岳山頂にも雲が迫っています。

雲中の仙丈ケ岳登頂・・・馬ノ背ヒュッテ経由で早々に下山
岩混じりの痩せた尾根を下って仙丈ケ岳へ向かう雲の中の仙丈ケ岳へ登頂直下の仙丈小屋北沢峠へ下山痩せた岩混じりの稜線を一旦下って仙丈ケ岳に向かいます。一寸の期待はありましたが、やっぱり無理でしたね・・山頂直下では完全に雲の中になりました。そして登山口より2時間51分で仙丈ケ岳登頂・・・わずかに見える登ってきた稜線大仙丈ケ岳方面を恨めしそうに眺めながら昼食です。今の時刻は10時・・・計画では展望と草花を眺めてのんびり歩いて北沢峠16時のバスに乗ろうと思ってましたが、とっとと歩いて13時のバス乗車に計画変更。復路は仙丈小屋馬ノ背ヒュッテそして薮沢小屋を経由して北沢峠着。仙丈ケ岳リベンジは5時間30分で完了となりました。

今回出会った高山植物をWebアルバムにまとめました(ここをクリック)。今回は視界が悪く、道中急いだこともあり見落とした花も多かったと思います。次回は大展望を楽しみながらゆっくり登りたいものです。