高山植物咲く尾瀬・至仏山_2012.07.02

至仏山頂目前の登山道・・・高天ヶ原のお花畑を縫うように進む尾瀬・至仏山・・・山開きの翌日に早速登って来ました。至仏山は今回で二度目、、前回は尾瀬ヶ原が色づき始める9月でしたが、今回は花咲く7月です。。。。んん・・至仏山の花はほんと良かったですね!山頂目前の高天ヶ原に広がるお花畑を縫うように木道階段を進んだ時は優しい品格の様なものを感じてしまいましたネ(2012.07.02)。

<ルートと実績、ルートマップはここ
鳩待峠(6:57)⇒山の鼻(7:43)⇒研究見本園半周⇒至仏山登山口(8:04) ⇒至仏山山頂(10:04-06) ⇒小至仏(10:38-42) ⇒悪沢岳(11:13) 引き返す⇒オヤマ沢田代(11:21)⇒鳩待峠(12:19)
1)歩行時間:5時間21分(休憩含む)
2)歩行距離:約13.0Km(eTrex30より)
3)累積高度:約1000m(eTrex30より)
4)その他:単独

鳩待峠より山ノ鼻の登山口より至仏山へ
山ノ鼻の至仏山登山口へ向かう森林限界を越えて尾瀬ヶ原を展望・・・残念ながら雲の中に突入します山頂目前の雪渓を進む・・・団体客で渋滞です至仏山頂・・・霧で視界ゼロですが大変な賑わいです写真1⇒曇り空の鳩待峠より山ノ鼻に下り、研究見本園を散策・・・チングルマ、ワタスゲ、レンゲツツジ等を眺めたら登山口(写真1)へ進みます。
写真2登山口に入り、樹林帯の勾配を30分程登ると森林限界を越えます。振り返ると尾瀬ヶ原が確認(写真2)できますが今日は8合目付近から雲の中、展望はほとんど利きませんでした。
写真3蛇紋岩の岩場や鎖を越えて登ると、チングルマ、ハクサンイチゲ、ホソバヒナウスユキソウ、ヨツバシオガマ・・・お花畑の広がる高天ヶ原。。。そして雪渓(写真3)を越えて進めば山頂間近です。
写真4⇒生憎の霧で展望ゼロの山頂(写真4)ですが、沢山のハイカーです。

視界開けず・・・笠ヶ岳は断念して鳩待峠へ帰還
誰もいない・何も見えない小至仏山頂・・・でもお花は沢山ありますね小至仏山直下の雪渓・・・ややトラバース、、滑らぬように鳩待峠への下る道・・・尾瀬ヶ原は日差しがあるようです鳩待峠着・・・笠ヶ岳をキャンセルしたのでチョット早すぎるかなあ写真5⇒小至仏山に辿りついても霧が晴れる気配はありません。
写真6⇒小至仏山直下には雪渓が2ヶ所、、ややトラバースの雪渓は慎重に渡します。
写真7⇒当初、笠ヶ岳に向かうもいっこうに視界が晴れず笠ヶ岳はキャンセル。。。鳩待峠へ向かう途中、尾瀬ヶ原を展望・・・あちらは日差しがありますね。
写真8⇒12時過ぎに鳩待峠着。。。展望は残念でしたが、次回は花と展望の両方を楽しみたいですね。

今回出会ったお花はとっても沢山です・・・以下の画像をクリックしてご覧ください(Webアルバムが開きます)。
花のWebアルバム