谷川岳・・・ロープウェイ利用した天神尾根ルート_2011.07.23

肩ノ小屋よりケルンを仰ぐ山に興味が無い人でも谷川岳と言う山の名前を知っている人は多いでしょう。。昨年までの私もその一人で、険しく危険な岩場の山・・・それが私の谷川岳の印象でした。でも、いろいろ調べてみると、高山植物の豊富なロープウェイを利用できる人気の山とのこと。。。今はニッコウキスゲが咲いているようで昨日、、早速行ってまいりました(2011.07.23)。

<ルートと実績(参考ハイキングMAPはここ)>
ロープウェイ天神平駅(8:08)⇒避難小屋(8:45)⇒肩ノ小屋(9:51)⇒トマノ耳(10:00-05)⇒山頂・オキノ耳(10:23-30)⇒肩ノ小屋(10:59)⇒避難小屋(11:50)⇒天神峠リフト駅(12:30-33)⇒ロープウェイ天神平駅(12:55)
歩行時間:約4時間30分(昼食・休憩等除く)、歩行距離:約8.4Km、累積プラス高度:約936m
その他:単独ハイク

天神平ロープウェイ駅を下りるとニッコウキスゲと高展望が迎えてくれた
天神平のニッコウキスゲ天神平より至仏山方面の展望天狗のトマリ場手前・・・武尊山方面の展望肩ノ小屋付近写真01⇒麓の土合口駅から10分少々で天神平駅へ到着。陽ざしを浴びた綺麗なニッコウキスゲが迎えてくれました。
写真02⇒ 天神平より谷川岳へ向かい始め。。ロープウェイ駅を見下ろすと遠く至仏山が確認できました(中央奥少し左の雲の上にピークが見える)。
写真03⇒ 避難小屋を過ぎ鎖場を登ると森林限界を越え、視界が開けます・・・振り向くと雲に覆われた武尊山(ほたかやま)が確認できました。
写真04⇒1時間40分程で肩ノ小屋へ到達。。。霧が晴れて右手ススキの向こうに美しいケルンが仰げました。

ツイン・ピークの山頂・・・霧で視界は利かないがピークと稜線が綺麗だ!
トマノ耳(1963m)よりオキノ耳(最高峰、1977m)を展望コルにて下りて来たトマノ耳を仰ぐコルにて、これから登るオキノ耳を眺めるオキノ耳よりトマノ耳を展望・・・ピークに沢山の人を確認できる写真05⇒肩ノ小屋より10分程でトマノ耳(1963m)へ登頂・・・混雑のピークには、こんな迷惑な人も(山標撮るとオヤジが写るでしょう!)。。でもオキノ耳への素敵な風景が展望できます。
写真06コルまで下り、振り返ってトマノ耳を眺める・・・さっきまで、あそこに居たんだ!!
写真07⇒こちらは。。これから向かうオキノ耳、稜線に沢山の人が連なっている。。右手の崖を覗くと雪渓が確認できる。
写真08オキノ耳に到達、、、美しい稜線とトマノ耳を展望する(写真08)・・・暫し佇んでいたいが、後から後からハイカーが登って来るので、速攻で昼食とって下山・・・・夏休み直後の週末だから仕方ないか・・・
なお、、帰路は、天神平まで0.6Km地点から天神峠へ登り、天神平ロープウェイ駅へ下山。。

コースを彩る高山植物
沢山の高山植物が彩っておりました。主なものを記載します。
ヨツバヒヨドリ(紅色)クルマユリジョウシュウキオン?ジョウシュウオニアザミイブキジャコウソウタテヤマツボグサシモツケソウミネウスユキソウその他にもクガイソウ、シャクナゲ、ハナニガナ、ヤマハハコ、ヤマアジサイ・・・・・などなど多数見ることができました。

最後に・・・
あるwebの百名山人気投票では谷川岳がベストテンに入っていた。ロープウェイを利用すれば2時間チョットでアルペンムード溢れる山頂へ登れる気軽さや豊富な高山植物など・・・今回初めて登って人気の理由に納得した。。。でもハイカー多いねえ!!
今度はウイークデイに・・ロープウェイを利用しないルートを挑戦してみたいものです。