3月第1週末・・・武甲山と丸山へ_2011.03.05-06

下山後に武甲山を仰ぐ_20110305今、愛用している靴は昨年の9月に購入したキャラバンタイプのもの・・・ウォーキングから郷山クラスに適したミドルカットの少し軽いもので山歩きを始めたばかりの初心者(私)に適してます。
・・・が、残念ながらこの靴・・・先週の前半、鋭利な石に引っかけて少し破けてしまい(側面の一番弱い部分)、、、新しい靴を新調となりました。今回のは数日の縦走にも適したハイカットの少し本格的なもの。。。今週末はこの靴を履いて武甲山丸山に足慣らしに出かけました。

武甲山・・・・6合目以上は残雪・凍結、頂上へはアイゼン必須でした_2011.03.05
一の鳥居駐車場中間点の大杉浅間山・・・山頂展望所より小持・大持山・・・山頂南側よりコースは前回と同じ・・・一の鳥居(一丁目石)の駐車場に車を停めて山頂まで往復する3時間半/9Km弱のコースです。駐車場の北側には少し雪が残っており・・・アイゼンは使いたくないなあ等考えながら、八丁目石の標識にさしかかると「11/7に熊目撃情報・・」の注意書きです。ザックのポケットから熊鈴を出して登って行きます。今朝の秩父市気温予測は-5℃と真冬並みの冷え込み十八丁目付近の不動滝は凍てついてます。
やっぱり今日は寒い・・・帽子の翼から落ちる汗が凍って小さなツララみたいになってま~す・・・そして中間点の大杉広場に到達。ここまで来ると雪はアイスバーンとなり転倒しそう・・・アイゼンを付けて一般コースを選んで慎重に登りました。そして転倒もせず何とか山頂の御嶽神社(五十二丁目石)到着。北側の展望所南側の眺望を暫し楽しみ、下りは転倒の危険が少ない階段コースを選んでゆっくり下山しました。

丸山・・・パラグライダー舞う堂平・武甲山・・気持ち良く歩けます_2011.03.06
芦ヶ久保 道の駅クロッカス・・・299号線沿いの民家にて丸山頂上・・・昨日登った武甲山山の花道・・・セツブン草は咲いていませんこちらのコースは今年3度目・・・大野峠への黙々と登る森林帯、ぱっと開ける眺望と気持ちの良い尾根歩き、果樹園付近の南斜面を下りながら眺める武甲山、そして春からは山の花道も加わるのでまだまだ沢山歩くでしょう。
いつものように芦ヶ久保の道の駅に車を置いてスタート。ここの売店に売っている採れたて新種?のイチゴ( やよいひめ)は絶品!!パンも美味いのです。
299号線沿い民家のクロッカスムスカリ芝桜等の早春の花を眺めながら山道に入り、沢を3度見送り登って行くと稜線まで到達・・・ここから坂は急となり大野峠まで250mの高度を稼がねばなりません。
大野峠からは短い階段を登れば東側180度が開け風景は一変・・・見透しがよければスカイツリーや遠くの筑波山まで見通せます。。今日は間近の堂平で沢山のパラグライダーが舞っております・・・元気があれば、あの滑走路まで行ってみるのですが、新調した靴に少し違和感あるので丸山山頂に向かいます。
そして山頂の展望台、、、昨日登った武甲山を眺めます。帰路は県民の森中央広場経由で果樹園側に下ります。途中、山の花道ではセツブン草が見頃(2月末~3月中旬)との案内板があったので北側の沢までおりましたが、花は無く残念!!今年は遅れているのかなあ~3月末にはカタクリ咲くかなあ。。。など思いながら日向山を通って道の駅まで下りました。

以上が2日間の足慣らしの歩きです。
肝心の新調した靴の履き心地ですが・・・はっきり言ってまだまだ・・・両足首とも痛~いのです。以前の物はミドルカット・・・今回のハイカット は慣れが必要なのか?それとも元々歩き方が悪いのか?またまだ足慣らしが必要なようです。