高山不動尊・関八州見晴台へ登り、高麗峠まで下りてくる_2010.11.10

関八州見晴台 頂上昨日は7時半前に家を出発、武蔵横手駅に向かいました。。。西吾野駅まで電車に乗り、高山不動尊関八州見晴台まで登り、自宅付近の奥武蔵低山まで下りる予定です。今日も天気は快晴見晴しも良さそうです・・気温は5度を下回っているかも分かりません・・はく息は白く・・手が悴(かじか)みそうです。
武蔵横手駅より西武秩父行きに乗ります。先週の文化の日のように座れないことはありませんがリックサックを抱えて座るハイカーも目立ちます。途中、吾野駅に着くとその大半は下車・・・今日は西武のWeekDayハイキング・・確かこの駅から顔振峠へのコースだったと思います。 そして西吾野駅着、 この駅で下車したのは私と年配のご婦人の二人だけ・・まだ駅には朝日が当たらず薄暗くて寒い・・・少々さびしい雰囲気・・・ではありますが、気合いを入れて歩き始めます(8時20分)。

高山不動尊・関八州見晴台・・・キツイ登りの疲れも吹き飛ぶ見晴台
高山不動尊 不動堂高山不動尊 奥の院(関八州見晴台)ハイキングを始めて2カ月、当然ここは初めて、前日拡大印刷(実はかなり老眼)した西武のハイキングMAP片手に進みます。線路下をくぐって少し行くとパノラマコース右の標識・・・・私のコースは茶屋経由なので・・・違うよなあ・・と迷っていると・・先程のお婦人が追いついていらっしゃって「もう少しまっすぐ行って右側に小さな橋が有りますのでそこを渡って登る」と教えて頂きました。お婦人は関八州見晴台まで往復とのこと・・・お礼を言って先に登ります。
山道はやや急な登りが茶屋辺りまでず~っと続きます、その後、緩やかとなり高山不動直前で80mほど登る程度、境内に着くと大きなイチョウが出迎えてくれます・・急な石段を登り不動堂へ、左手の休憩所(WC有り)で息を整えます。そして不動堂を東に横切り車道→山道→車道→山道と北側に進み関八州見晴台に到着。。北西側を除き見通しは良く、富士武甲も我が町もこれから下る奥武蔵の低山もよ~く見え・暫し立ちつくしました(??)・・・今度は100%澄みきった真冬の午前中に是非登ってみたい・・・もっともっと見晴しは良く、もっと感動するはず。

傘杉峠~顔振峠~諏訪神社・・・顔振峠はハイカーで賑わう
茶屋軒下の柿諏訪神社・・ここで昼食見晴台から傘杉峠へは約2Kmで標高200m下りる山道、悪路も殆どなく途中に見渡せるスポットはないものの、下りる者にとっては大変気持のよい道のり・ここを45分で下りました。
ここまでハイカーは私だけ、でも傘杉峠から大勢のハイカーで山道がなかなか進めません・・今日は西武WeekDayハイキングでした。。顔振峠の茶屋も賑わっております。そして諏訪神社着は11時45分・・家から持ってきたオニギリ食べで暫し休憩。

物見山・日和田山を登り静かな巾着田・・・そして高麗峠を越えて夕暮れとなりました
シーズ終えた巾着田・・ひっそり夕暮れ近し高麗峠ここまでの歩行距離は11Km弱です。まだ足には余力がありますが、高麗峠を抜けるにはあと13Km、そこから自宅までは更に4Kmあります・・・・時刻は12時・・歩き始めます。
小さなアップダウンを繰り返して少しずつ下って行きエビカ坂に到着、そこからスカリ山へ(13時30分)・・・山頂には珍しくハイカー3名・・上州方面を眺めておりました。北向地蔵→物見山→日和田山と進み金刀比羅神社に到着(15時)子供たちが通った小学校の背後に多峯主山が見えます・・・可能であればあの山の頂上にも登り家に帰りたい・・・日和田山を下山して巾着田を歩きます・・コスモスはすっかり刈られてしまって何~にもありません。つい最近まで花が終わって果ててしまった曼珠沙華の群生地緑を取り戻し次の秋に備えているようでした。
そして高麗峠に到達(16時数分前)・・いつになくキツイ峠です。。天覧山の山道到着16時20分・・山頂はPassして帰宅方向でもある多峯主山を目指します・・もう無理だなあと思いつつ緩やかな登りを急ぎ、最後の石段まで到達しました。でもここからは急坂なので足元が見えないと危険です・・・時刻も16時33分日没!・・残念ですがタウンへ引き返すことと致しました。・・・(自宅着:17時10分、歩行距離:28.2Km、活動時間:8時45分、累積+標高:1212m、iTRAILトラッキングデータ↓、距離対高度はここ
[map style="width: auto; height:400px; margin:20px 0px 20px 0px; border: 1px solid black;" kml="http://yokote.tall-willow.com/wp-content/uploads/gpx/2010/20101110.kml" elevation="no"]