武甲山に登りました_2010.11.28

武甲山秩父の札所を巡っていると、いつも目にするドッシリと構えた雄大な山・・武甲山・・・昨日の日曜日この山に登りました。
西武のハイキングMAPでは西武横瀬駅→生川・一の鳥居武甲山→秩父鉄道・浦山口駅のルートが紹介されてます。でも横瀬駅から一の鳥居までは6Kmもあって、しかも石灰石を積んだ大きなダンプカーが行き来する歩道無しの車道歩きが殆ど・・・少々辛いので、登山口まで自家用車となりました。
自宅(日高市)発(7:10)→一の鳥居着(7:55)→武甲山山頂着(9:35)
武甲山山頂発(10:05)→一の鳥居着(11:25)→自宅着(12:25)
自家用車を使うととっても楽です・・でも登山後、温泉とか入って一杯は無理・・悩みどころです。

登山道・・・整備された登り易い道
一の鳥居(壱丁目)から山頂(五十二丁目)までは、丁目石が置かれた良く整備された登り易い道です。ゆっくり登って約105分、前半は木橋不動滝大杉の木などあり目を楽しませてくれます。後半になると途中で階段コースと一般コースに分かれますが、右の一般コース(絶対コッチです)で登って行きました(途中、石灰で白く染まった斜面も見られます)。

登山道の木橋山頂の御嶽神社山頂の展望台石灰岩を運ぶブルドーザー
山頂・・・眺望よし
五十一丁目の石まで登ると辺りは開け、標識に従い右に行くとすぐに御嶽神社(五十二丁目)、その奥が山頂の展望台です。遠くの山は靄がかかっていましたが、秩父盆地が一望でき、丸山両神山などの近くの山々は綺麗です。また、、下の方に目を移すと大きなブルドーザが模型のように見えました。
そして、先程の標識まで戻り、南へ100mほど進むと、今度は南側の展望が開けて十字路となります。右は浦山口駅方面、左は階段コース、そして正面に見える大持山・小持山を目指すなら真直ぐ急坂を下って行くことになります。。。。。もう少し、経験積んだら・・ここを真直ぐ下って大持山・小持山に登り、麦坂峠経由で一の鳥居まで戻りたい・・・こんな事を思いながら下山しました。
(2010.11.28、歩行距離: 8.6Km、累積プラス高度:832.6m)