大イチョウの紅葉と黒山三滝_2010.11.24

傘杉峠2週間前に行った高山不動尊大イチョウの紅葉は見頃だろうか?・・・でも、また同じルート?・・・そうそう、黒山三滝にも行くのでした。それでは、この二つを傘杉峠で接続すことにいたします。
そして最終的なルートは
西吾野駅→高山不動(大イチョウ)→ 関八州見晴台→傘杉峠
黒山三滝→桂木観音→大高取山越生駅
黒山三滝からは、顔振峠に登るorバスで越生 が考えられましたが、普段はあまり行かない越生方面へも歩きたくなりました。

西吾野駅(7時55分発)から高山不動尊・・・そして関八州見晴台
高山不動尊の大イチョウ_20101124関八州見晴台へ北と西は明るいものの頭上は寒気の様な雲に覆われています・・予報は晴天なのに! コースは前回と同じ萩の平・・前日までの雨で滑りやすい! 慎重に・・ペースを落として登って行くと。。遠くで猟銃?の音が2発響きます・・イノシシ狩りかな?と思いながらも、ザックの鈴音が良く聞こえるように直し登ります。
大イチョウの境内着、やはり日ざしは雲に遮られ、奥武蔵の山々の頂き付近は雲がかかり見晴しもいま一つ。イチョウはまだ少し緑があり、もう少し・・綺麗に写るように日ざしを少し待ちましたが・・残念、、シャッターを切りました。
高山不動尊をあとに20分、、関八州に向かうと雲が切れて日ざしが当たります。入口の標識を進み大きなツツジの急な斜面を登って行くと見晴台のシンボル・・壁のように立つ7,8本のヒノキ?が見えてきます。 頂上の眺めはまずまず、東の高麗川セメント工場、南は先週登った武川岳・伊豆ヶ岳が良く見えました。

関八州見晴台から傘杉峠・・・そして黒山三滝
滑り安い沢道・・・黒山三滝に下る道傘杉峠へは約2Km、200m程の下りは難路なく40分強で到着、標識に従い左を選びます。三滝まではあと1.5Km・・コケで湿った岩・根・木橋や小さな沢等・・滑り易いのでゆっくり下ります。
そして三滝着、日本観光百選にも選ばれた地です。平日でも観光客が目立ちます。男滝女滝を眺め、少し進んで右手の小さな橋を渡り、両脇を頭上まで岩で囲まれた滑り易い岩肌を注意しながら登って行くと20m程の天狗滝が見えてきます(辺りが暗くて写真が上手く撮れない・・)。そうでした!ここは温泉(黒山鉱泉)も有名・・・ハイキングの仕上げにも良いでしょう。

桂木観音から大髙取山を越え越生駅へ
桂木観音・・山門に向かう三滝の入口を出て左の県道を進むと、右前方に田園風景と桂木観音方面の山々が見えてきます。ここから桂木観音までは、随所に設置された武蔵おごせハイキングコース(エンジョイコース)の案内板に従います(私は早めに右に曲がって少し間違えました)。少し登りはありますが約50分程・・柚子(桂木柚子)の木が沢山植えられた南斜面にあり、東京方面まで見晴らせそうです。ここでやっと昼食、家から持ってきたオニギリ食べて一休み、ここは日ざしが当たり静かで落ち着きます・・毛呂から歩いて来たと言う少し年配のご夫婦もお弁当を食べていらっしゃいました。
時計を見ると13時です・・・確か・・次の八高線は14時半過ぎ。。次の次は16時過ぎです。高麗川駅から家までの7Kmはまた歩かねば・・・次の電車に乗ろう!
少し残念ですが、余裕が無いので幕岩展望台や世界無名戦士之墓へは寄らず大髙取山経由で越生駅に歩きました(越生駅着14時20分、2010.11.24)。
本日の軌跡・・iTRAILトラッキングデータより(歩行距離: 16.1Km、累積プラス高度:973m)
[map style="width: auto; height:400px; margin:20px 0px 20px 0px; border: 1px solid black;" kml="http://yokote.tall-willow.com/wp-content/uploads/gpx/2010/20101124.kml" elevation="no"]