春雨の御前山(嵐歩の会)_2012.05.01

御前山へ・・・山道に咲くカタクリGW第2弾の嵐歩の会はカタクリ咲く御前山です。会として、この山を歩くのは昨年の5月以来2回目・・・確か・・あの時は雨をおして決行するも、カザさん一時体調不良となり辛くも山頂に立った経緯があり、今回は塔ノ岳から中1日・・・番外編ではなく正会として万全を期して開催・・・会長カザさんの並々ならぬ強い決意(リベンジ?)?がうかがえます・・・さてリベンジはなったのでしょうか(2012.05.01)?

<ルートと実績>
小河内ダム(8:22)⇒サス沢山(9:36-46)⇒惣岳山(11:02-06)⇒御前山(11:25-50)⇒大ダワ(13:00-02)⇒(雨のため鋸山をパスして林道)⇒奥多摩駅(14:40)
1)歩行距離:約14.0Km
2)歩行時間:6時間18分(休憩含む)
3)累積プラス高度:約1175m
4)参加者:カザさん、ミラさんと私

結果を先に行ってしまえば・・・
決行後のカザ会長の一言は「春雨にリベンジならず御前山」でした。
今回は当初4/22に決行予定、、これが雨で中止。そして長期予報では雨の可能性の無いGW前半に再設定・・・がしかし・・・時が近づくに従い、雲行きが怪しくなり、それでも雨は夕方からと踏んで決行でした。ところがやっぱり山頂手前で雨。登頂は果たしますが下山の道はとっても滑りやすく、鋸山から奥多摩駅に降りるルートを林道に変更。。何とか登頂でノルマはなるもののリベンジとは言えず・・・でしたね。
どうも、御前山は相性が悪ですね。。。秋の晴天を狙って再トライでもしますかネえ。。
小河内ダムより登山開始・・・御前山は雲の中です途中のサス沢山より奥多摩湖を展望・・・今日唯一の眺めでした御前山頂の雄姿??・・・カザさんとミラさん鋸山林道をゆっくり下る写真1⇒奥多摩湖・小河内ダムより登山開始。前方に見えるはずの御前山は雲の中です(写真1)。下山まで雨の降らないことを願って向かいますが、早々の急勾配で汗がどっと噴き出します。
写真2⇒1時間強の登りでサス沢山着。。今日唯一の展望で一息つきます。
写真3⇒サス沢山から進むと道際にはカタクリです。スミレも沢山咲いており、ニリンソウ他野草もありましたが雨が降り出し撮影打ち止め。。。以後は黙々と登り込み何とか山頂到達・・・雄姿?を収めます(写真3)。
写真4⇒当初は大ダワから鋸山経由で鋸尾根を下る予定でしたが、雨足がおさまらず長~い鋸林道で奥多摩駅に下ります・・・林道は退屈・・・でも「今日の雨は誰のせいか?」との話題となり喧々諤々・・・結論は・・・「会長が御前山は超楽ちんな山だと言ったので山の神様が機嫌を損ねた」・・・でしたっけ?