平標山・仙ノ倉山(嵐歩の会・番外編)_2011.09.10

平標山から仙ノ倉山へ向かう先週は久しぶりの晴天が続き、後半は真夏を思わせる残暑となりました。こんな中、9月度番外編は谷川連峰西に座する山・・・平標山と仙ノ倉山と決め決行。。お花畑の季節ではありませんでしたが、平標山の家から仰ぐ、平標山から仙ノ倉山に至る優しい超抜群の山容に感動してまいりました(2011.09.10)。

<ルートと実績(カシミール3Dはここ)>
平標山有料駐車場(7:30)⇒上信越自然歩道(岩魚沢林道)⇒平元新道口(8:29-38)⇒平標山の家(9:47-10:04)⇒平標山(11:07-34)⇒仙ノ倉山(12:32-49)⇒平標山(13:35-39)⇒松手山(14:37-46)⇒駐車場(16:14)
歩行時間:約8時間44分(昼食・休憩等含む)、歩行距離:約15.4Km(DIY GPSより)
累積プラス高度:約1437m(DIY GPSより)
参加者:カザさんと私

上信越自然歩道から平元新道を急登し平標山の家を目指す
平標山の家駐車場から平標山へは松手山ルートと平元新道ルートがあり、今回は前者を下山に利用。。登りの平元新道は国道17号を小学校手前まで歩き上信越自然歩道の標識に従い左手のゲートを潜り林道を進みます。半舗装道はやがて砂利道に変わりますが、勾配の緩やかな広葉樹林は変わらず1時間弱で平元新道口に達し、傍らの「満天の星降るごとし登山小屋」と刻まれた道祖神を眺め一息入れます。
平元新道は殆どが急勾配の階段、、荒れた所はなく歩幅も適度で登れるのが救いです。後半は少々苦労しますが時折見える苗場スキー場で高度を感じながら1時間強の我慢で平標山の家に到達・・・ここから仰ぐ平標山から仙ノ倉山に至る山容は超抜群で感動・・・暫し立ちつくしてしまいました(↓クリックで拡大)。
平標山から仙ノ倉山に至る美しい山容
平標山頂から仙ノ倉山・・・美しい山容の稜線を歩く
平標山頂上山の家で休憩して水場で喉を潤したら平標山に向かいます。穏やかな山容なので30分位で登頂出来そうですが、そんなことなく1時間強、、木の階段を登りつづけなければなりません。そして11時過ぎ平標山登頂、ハイカーで賑やかな山頂の草むらに座り、おにぎりを食べて体を休めます。
さて、休憩が済んだら次のピーク・・仙ノ倉山へ向かいます。あ・・そうでした、その前に山頂の雄姿(カザさん)を刻み・・・気持ち良く下り始めます。下ったコル部は華やかなシーズンが過ぎたお花畑ですが、オヤマリンドウミヤマトリカブトイワインチン?等が咲いており、チングルマの実ハクサンフウロは何とか頑張っていました。
そして、平標山から歩くこと1時間、仙ノ倉山に到着です。山頂からは谷川岳方面の展望を期待してましたが霧が近づき見通せません。振り返ると平標山へも暗い雲が迫ってきました。少々残念ではありますが長居はできず早々に平標山へ戻りました。

そして下山・・・
松手山へ稜線を下る平標山山頂に戻ったのは13時半過ぎ、ハイカーは数人しかおらず皆、帰り支度、、、辺りは霧に包まれ始めました。一息ついたら直ぐに松手山ルートから下山開始です。このルートも稜線を緩やかに下る道ですね。。。霧がなければ好展望間違いなし!シーズンなら華やかなのも確実!・・・・来年の花シーズンの再来を誓って思わず・・・ガッツポーズも飛び出します!
でも・・・この先は壊れかけた急階段。。。松手山からは更に荒れたロープの滑りやすい急勾配なのでした。お陰さまで・・・最後はチョット膝が疲労しおまけに小雨も降り始めましたが、慎重に下り無事平標山駐車場に下山できました。

平標山・仙ノ倉山(嵐歩の会・番外編)_2011.09.10 への2件のフィードバック

  1. 久々の客先作業もいよいよ終盤に。 のコメント:

    私は中学生の頃に平標と仙ノ倉に行きました。写真を拝見していて40年も前のことだったと懐かしくそして少し悲しくなりました。中学生の時に双子の同級生がいて、片方とは当時は仲が良かったのですが、もう片方はしょっちゅう学校をさぼっていてたまにしか学校に来ませんでした。平標小屋に行ったらそいつが留守番してて、「おまえ学校にも来ないで何やってんだよ」と。三国街道(国道17号線)の県境近くの吹路(フクローと読む)というところに住んでいるそっくりな兄弟でした。彼らはどこかで元気に暮らしているのだろうか。
    もう一つ思い出したのは、土合口から入ってトマの耳~オキの耳~一ノ倉岳~茂倉岳を経て土樽に降りるルートも歩いたこと。当時はまだ上越線も幹線だったので県境を越える列車も少なくなく、谷川岳からの帰路では「ループで名高い清水トンネル(上毛かるた)」のループトンネルを通るのもささやかな楽しみの一つでした。
    ・・・
    私にとっていわば故郷の山々は懐かしさと悔恨の念を呼び起こすもので・・・。
    ・・・
    さてさて、現実に戻ってソースコードでも眺めようか。

  2. boss のコメント:

    お久しぶりです・・・お元気でしょうか。こちらは相変わらずです。
    夏は少々高めの山に登らないと苦しいので車で日帰りのエリアを探していたら平標山・仙ノ倉山がヒットしました。谷川連峰の荒々しいイメージとは違い優しい山容の綺麗な山でとても良かったです。谷川岳には紅葉シーズン(もう少しですね)に再度登りたいと思います。土樽まで下ることは叶いませんが、出来れば一ノ倉沢と茂倉岳まで足を延ばしたいです。今よりもっと時間が経って落ち着いた頃にでも、ご一緒に谷川連峰の山を歩きたいものです。

コメントは停止中です。