顔振峠・関八州(嵐歩の会・番外編)_2011.09.17

10月度の嵐歩の会では尾瀬・燧ヶ岳の大イベントを計画。。技術・体力とも必須のコースに備え体力づくりとコンディション維持が欠かせません!・・・と言うことで今週は先週に引き続き連チャンで番外編を企画、、奥武蔵の代表的なコース・・・顔振峠・関八州を選定してのんびり?と歩いてまいりました(2011.09.17)。

<ルートと実績(地図はここ)>
吾野駅出発(8:18)⇒顔振峠(9:30-59)⇒傘杉峠(10:27)⇒立花松ノ峠(10:55)⇒関八州見晴台(11:27-12:05)⇒高山不動尊(12:30-37)⇒西吾野駅(14:18)
歩行時間:約4時間45分(昼食・休憩等1時間15分は含まず)
歩行距離:約12.5Km(DIY GPSより)
累積プラス高度:約900m(DIY GPSより)
参加者:カザさんとミラさんと私

西武秩父線吾野駅より顔振峠へ
囲碁盤のカカシ・・次の一手は?顔振峠へ到着かき氷で一服吾野駅の改札を出て案内に従い急階段を下ります。今日は今にも雨の落ちてきそうな天候ですが・・晴れ男がいるから大丈夫でしょう?駅前の橋を渡って国道(299号)を横切ります。畑には手作りの囲碁盤カカシが立っており「次の一手は?」と書いてます。囲碁が得意なお二人は「なんだカンダ・・」と話してますが私は全然興味がありません。。。小学校を越えて林道をしばらく歩き、砂利から勾配のある本格的な登山道となりますが日頃から鍛えぬいている3人衆には堪えることも無く直ぐに峠・・・峠には顔振峠のいわれが書かれておりますが、、今日は蒸し風呂の様な天気で結構な汗、こちらの方に魅かれます。

グリーンラインを歩き関八州へ登り高山不動尊経由で西吾野駅へ
杉の樹林帯を登る雲がきれて大岳山がお目見え高山不動尊で一服ちょっと迷って無事、、西吾野駅へ顔振峠から傘杉峠まではグリーンラインをのんびり歩きます。そして杉の樹林帯を登れば(この間グリーンラインへ2度ほど出ます)本日の最高峰771mの関八州見晴台です。毎度のように雄姿を刻み、なぜかミラさんはお腹に力を入れ私とポーズを刻みます。そして昼食と休憩・・・ここは視界が利けば素晴らしく結構な人出ではありましたが、今日は大岳山辺りまでがやっとでしたね。そして下山・・・30分弱下った高山不動尊で最後の休憩と取り、急階段を下りて大イチョウをながめ たら、ノンビリ西吾野駅に下山しました。
そうして・・・尾瀬の様には行きませんが良く見て歩けば、ほら!山野草も・・・ ツリフネソウゲンノショウコウ?センニンソウツリガネニンジンヤマジノホトトギス・・・咲いておりましたネ。

そして温泉は宮沢湖の喜楽里(きらり)・・・食べすぎです!
宮沢湖温泉 喜楽里西吾野駅下山後はハイキングモードから戦闘(違います・・・銭湯です)モードへ切替・・・高麗駅に戻り自家用車で宮沢湖温泉喜楽里(リンクはここ)に乗り付けます。ハイキングの後に奥武蔵の山々を眺めて入る展望露天は良いですね・・・そして風呂上がりのバイキング・・・・皆さんちょっと食べ過ぎでしたが・・・一番の大食の方はこれこれこれと・・・最後にこれを頂きました・・・誰??