スリムベアボーンXS35GT V2_2011.08.23

Shuttle XS35GT V2自宅のNASサーバでブログを立ち上げてもうすぐ1年、記事の数も山歩きを中心に100件を越えて、そろそろバックアップ環境も考えなければな~あ・・・素人にできるかな~あ。。と思って・・・ドスパラのweb見てたらいつの間にか?Shuttle製のスリムベアボーンXS35GT V2をポチッていました。

私が初めてパソコン買ったのは15年ぐらい前、、IBMのPC(Aptiva)でした。その後は・・・自分用だけで・・組立てPC(3台)、ベアボーン(3台)、、そして現在稼働中の3台・・・これはすべてBTO、、、よくもまあ懲りずに買った物です。
購入品そして11代目として購入したのはこれ(←)。。
①Shuttle XS35GT V2(ベアボーン)
⇒仕様はここ
②2.5inch SATA/500GB HDD
③4GB DDR3 SODIM
しめて¥27277(1年保険付き/ドスパラ通販)也。。①の内部に②と③を実装すれはハード組完・・・あとは・・基本的にメインPCからリモートで稼働させるのでOSとリモートディスクトップソフト(私の場合RealVCN)を入れてしまえばキーボード、マウス、モニタ、DVDドライブ(USB外付けでOK)は不要。物置に眠っているパーツとWindowsXPのCDを引っ張り出してセットアップを開始です。
HDDのフォーマットそしてOSセットアップの前段で行うHDDのフォーマットの様子が(←)。。。私の持ってるXPはSP1以前のものでATA空間が小さくて500GBのHDDを繋げても131GBまでの認識。。。まずは100GB分をCドライブに割り当ててフォーマット。。その後XPをインストールしてLANドライバーを組み込み完了。。。あとは毎度の様にネットに繋いでWindowsUpDate!
と思いきや3年前にインストールした時とは状況が変わって(XPのサポート終了?)。。。 SP3(Service Pack 3)までアップデートしないとWindowsUpDateサイト接続不可のメッセージ・・・
いきなりSP3へアップデートしようしたら、SP1以上じゃないとダメと叱られて、まずはSP1にアップしてからSP3へ、、、でもWindowsUpDateサイト接続しようとしても相変わらずNG。。。と言うことでいろいろ調べたらWindowsUpdateAgent30-x86と言うモジュールが不足しているとのことで、これをインストール⇒WindowsUpDateサイトへ無事繋がり、すべてのアップデート完了・・・ここまで要した時間は24時間(徹夜じゃないけど)。。。ちょっと遠回りでした(素直にSP2に上げてからSP3にすべきでした)。
あとは XS35GT V2の各種ドライバーを入れてVCN(RealVCN)をインストールしてセットアップ完了。ここまで1日半。。。結構かかりましたね。
さて、PCが立ち上がったので・・・ネットでWordpressのインストール方法を調べるとしよう。