スカリ山へ・・・GPSロガー i-gotU GT-120を試す_2010.10.28

GPSロガー i-gotU GT-120(左)とiTRAIL(iPhone4)ウォーキングやハイキングではiPhone4アプリであるiTRAILを起動し軌跡をロギングするのが常となりましたが今回、小型のGPSロギング専用機i-gotU GT-120をバックアップ機として購入。スカリ山まで歩いてロギング動作の確認(iTRAILとの簡単な比較)を行いました。
バックアップ機購入の動機は・・・今後、高尾山クラスの長時間のハイキング(ライトな登山)が多くなりそうで①iPhone4バッテリーの消耗(特に圏外時)②雨天他ラフな取り扱い・・・この二つの不安への対応でした。

スカリ山へ・・・かなり狭い頂上、ここからエビガ坂へ行けるんだネ
ルートは自宅→日和田山→物見山→北向地蔵→スカリ山→五常の滝→自宅。今日は4時間ぐらいしか時間が無いのでスカリ山登頂後は北向地蔵まで戻って舗装道路(林道中野線経由)で五常の滝で経由で帰宅です(以下、iTRAILでの軌跡)。
[map style="width: auto; height:400px; margin:20px 0px 20px 0px; border: 1px solid black;" kml="http://yokote.tall-willow.com/wp-content/uploads/gpx/2010/20101027.kml" elevation="no"]
スカリ山へは、北向地蔵西側へ舗装道路を500m程歩き右側を登っていきます。頂きは二つあって奥(西側)の方がスカリ山の頂上、かなり狭く10人ぐらいで混雑しそうです。西と北側の見晴らしは良いですが今日は寒気が入ったようで、あいにく北側の山々は見えにくいです。また頂上の南側斜面に小さな標識があって、ここを下って行くとエビガ坂へ至るようです・・・・今度是非行って見たい。
スカリ山の登山道・・舗装道路から右側を登っていくスカリ山 山頂・・・この辺では一番高い435mスカリ山 山頂から北側の眺め・・寒気南下で北関東の山々が靄ってますスカリ山 山頂南側斜面からエビガ坂へ行けそうです

 

(今日の実績・・歩行時間 : 03:45:06  距離 : 15.98 km)

i-gotU GT-120のロギング精度・・・頭上がクリアならiTRAILとほぼ同等・・でも・・
まず装着状態ですが・・・iTRAIL(iPhone4)はポシェット外側ポケットに携帯。一方、GT-120は左肩付近にマジックテープで装着(表が真上を向くように)。
また設定はiTRAIL・・GPS取り込み間隔5秒、GT-120・・ウェイポイントログ間隔5秒/スマートトラッキングOFF(この設定でも連続ロギング時間10時間以上とのこと) の設定とします。
頭上がクリアな時のロギング比較・・GT-120の方が若干暴れる頭上がクリアでない時のロギング比較・・・トラッキングがかなりストール左の2枚の写真が比較結果。
青がiTRAIL、赤がGT-120のトラッキングを示し、左側の写真が頭上がクリア(障害物なし)な場合、右側が頭上がクリアで無い(木々などに頭上が覆われている)時の写真です。
この比較から言えそうなことは・・・・

1)頭上がクリアな場合、iTRALに軍配が上がるがGT-120もiTRAILに近いトラッキング精度が期待できる。
2)頭上が木立などに覆われた場合は・・GPS感度が優秀か捕捉アルゴリズムが優秀かは不明ですが明らかにiTRAILの方がロギング精度が良さそうです。

以上、簡単な比較ではありますが、¥7000ならGT-120は買いであったと感じます、、それにしてもポシェットに入れられた悪条件にも関わらずiTRAIL(または iPhone4のGPS精度)にはチョット感心です、・・・今後は長時間のハイキング等、iTRAILとGT-120を併用してGPSロギングを楽しみたいと思います。